人が好き、でも集団は苦手という、自称優しい孤独人間の眼差し、想い、喜怒哀楽。


by ジョバンニ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


「セッション」という映画を
たまたまテレビで観た。

この映画の評判は、ロードショー上映をやっていた当時に
新聞の映画評で知っていた。
絶賛だったような印象が記憶に残っている。

で、実際に観てどうだったか。
まず出てくる言葉は強烈!
である。

好き嫌い、良い悪い、傑作駄作、
そんなジャッジはさて置いて、
とにかく僕には強烈で、それ故辛い映画であった。

音楽というよりスポーツ、
というより武闘
というよりバイオレンス…
で一周回って極めつきの音楽に行き着いた。
そんなあと味。

実を言うと観ている間、途切れ途切れに
かつての自分を思い巡らしてぼんやりしてしまうような
瞬間があった。
セッションに出てくる鬼教師が、
僕が昔...二十代から三十代、にかけて通っていた
アトリエの画家先生を彷彿とさせたからである。

映画の鬼教師のような常軌を逸した指導こそ
なかったものの、理不尽とも言える厳しさで
生徒を追い込んで行くという点では、画家先生と
映画の鬼教師は共通していた。

僕は週3日のアトリエ通いを15年近く続けたが、
その間、何度辞めようと思ったろう。
今でも怒号が耳の底に残っていて、それが
セッションの鬼教師の怒号とシンクロして
蘇ってくる。

そしてもうひとつ、蘇ってきたこと。
その記憶は観終わって少したってから浮上してきた。
そもそもこの「セッション」という映画の「セッション」とは、
「ジャズセッション」。
エリートジャズバンドの若きドラマーと鬼教師の
"闘い"が描かれている。

ジャズ。
それで思い出したのがある大物演歌歌手なのである。
ニューヨークでジャズコンサートを開いたときの
数日を追ったドキュメンタリー番組だった。
本場ジャズバンドとの「セッション」。

その音合わせの光景が蘇ってきたのだった。
譜面通りキチンと歌おうとする演歌歌手。
対してジャズマンたちは譜面を見ながらも
音符の周りを自由にスイング。
歌手とバンドの呼吸がなかなか噛み合わない。
演歌歌手は明日の本番を前に焦る。
そしてついには「どうか本番では譜面通りに演奏して欲しい。」と、
通訳を介して真剣な笑顔でジャズマンたちに訴えるのである。

(あぁ…そうか、そうだなぁ…)
この時僕の頭の中には、魔女の宅急便でキキが言ったセリフが
浮かんできたのだった。
"魔女は血で(空を)飛ぶの。"

大物演歌歌手のジャズは決して悪くはないのだが、
本場ジャズマンたちと決定的に違うのはそこだった。
"ジャズは血で奏でる"のである。

彼女には残念ながらジャズの血は流れていない。
それはどうすることもできないことである。
ジャズメンに演歌の血が流れていないのと同じことである。

一本の強烈な映画が、その強烈パンチで開いてくれた
記憶の扉。
些細な記憶の話。



f0370223_16454493.jpg












[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-12-09 12:35


f0370223_11045204.jpg



リリィさんのお店で買った
それは大きなポインセチア。

物差しでざっくり測ると
身の丈1m20cmを越えていた。

「去年こちらに置いてあった巨大なポインセチアを
一つ注文したいのですが。」
11月、リリィさんのお店で玄関に飾る花束を
買ったときに頼んでおいたポインセチアが昨日、
我が家に来た。

さすがリリィさん。
「クリスマスツリーのイメージで」という
僕からの注文通りのポインセチアを
持ってきてくれた。

リリィさんの花屋に行くたび思う。
この人はほんとうに花が好きでたまらないのだ、と。

リリィさんのお店に並ぶ花々は、
リリィさんと同じにいつも元気で
ニコニコしている。



f0370223_08250996.jpg
せっかくツリーに見立てたので
サンタさんを忍ばせてみた。






















[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-12-04 11:05

小春日和

f0370223_12184934.jpg

昨日の灰色の小寒い一日がうそのように
晴れあがった今朝。
本日ひとり稽古の日。

スタジオまでの10キロを
ジョギングで行くようになって1ヶ月半。
だいぶ体も慣れてはきたものの、
右ひざの爆弾は変わらず。
今朝も7キロ過ぎくらいに待ち構える
大坂道の登り坂で、アゴが外れるみたいに
カクッと右ヒザが…。

そこからは右脚を引きずるような走りに変えて
なんとか完走。
右脚さんをかばって頑張った左脚さん、
ご苦労さま。

2時間後…
独りぼっちの通し稽古を終え
下のレストランへ。

窓から射し込んでくる陽射しが眩しい。
こんな春みたいに暖かくて明るいお昼は、
お店の中もどこか春っぽく弾んでいる。

僕の体はクタクタ…
のボロボロではあるけれど。


アップした絵はむかーしむかし三十代の頃、
今日みたいな小春日和に描いたもの。














[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-11-22 13:02

雨の日

f0370223_12464862.jpg
冷たい雨の降るお昼、
フラメンコママのお店で
イカとセロリのパスタをいただく。

窓際のいつもの席が埋まっていたので、
カウンター席の隅っこ、壁際の席に。

目の前にはサイフォンが三つ、行儀良く並んでいる。

その一つを使ってママが
僕の注文した二杯目のコーヒーを淹れている。

ランチタイムの慌ただしさが去って、
静かになった店内では、
BGMの音楽と、息子さんシェフが片付けものをする音が
心地よく流れている。

外が、
暗くなってきた。
小止みになった雨がまた降りだすのだろう。

さてと。
このコーヒーをいただいたら
僕も帰ることにしよう。
















[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-11-11 13:29

冬の匂い

f0370223_08405199.jpg


庭先に出ると、どこか懐かしさのある
いい匂いがしてきた。
はす向かいのショウ君ちの煙突から煙が出ている。
お、薪ストーブ、いよいよ使い始めたかぁ…。

家に入り、箱のミカンを一個手に取る。
指で皮を剥いていると
ふわっといい匂いが。

もう冬がそこまで来ている。





[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-11-02 08:41

滲む青

f0370223_20421726.jpg
水彩の青を背景に何枚も何枚も描いた
今年の秋。

空の青と海の青。
これまで背景の青は、単純にどちらかの青だった。

けれど、
この秋に描いた青はひと味違っていた…
気がしている。
ひとりでそう思っている。

海の青とか空の青とか、
そんな縛りに囚われない
青。

自由で無限で永遠で
悲しくてどうしようもない
青。


















[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-10-24 21:22

幻嗅

f0370223_10495055.jpg

パン屋さんに寄った帰り道。
赤い橋をいつものようによそ見しながら
歩いていると、
カマキリ君が欄干をそろりそろりと
進んでいた。


後日、住宅街を歩いていたらー

先日大きなカマキリを見たせいなのか、
それとも今日急に風が涼しくなったからなのか、
季節が秋に移ったことを確信した僕の鼻が、
いい匂いをキャッチした。


キンモクセイ。
どこだ?どこからだ?
きょろきょろするも
それらしい樹木は見つからない。
おかしいなぁ…。

待てよまだ九月も真ん中。
早すぎやしないか?
あれはたしか十月前半、うちのコルチカムが咲く頃だ。
お隣の四本のキンモクセイが
いい香りをふわふわと放つ。

ならば今香ってきたのは?
秋を確信した僕の脳が勘違いした幻か。
梅干し、と聞いて唾が出てくるのにも似た
条件反射?
なんとかの犬、ってやつか。

涼しい風
キンモクセイ

そんな連想が生んだ幻覚ならぬ幻嗅ということ?


いや違う。確かに匂った!

くっそ〜、
出てこいキンモクセイ!


f0370223_13072299.jpg

























[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-09-15 13:12

ゴーヤとちょうちょ

f0370223_11481197.jpg
フラメンコママのゴーヤがやっと実をつけた。
ママ曰く、今年はちょうちょがあまり飛ばなかったせいで
ゴーヤの実りが少ない、とのこと。
ちょうちょが受粉を促すらしい。

言われてみれば、うちの方もなんとなく少なかったかなぁ…
ちょうちょ。

とすると、
ご近所の漆工芸家さんがおすそ分けしてくれた野菜たちは、
きっとちょうちょの手を借りずに実るのだろう。
なんと豊かでみずみずしい!
本当に美味しい野菜たちでした。
f0370223_12090992.jpg









[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-09-02 12:23

言葉の行き違い

「言わんとしたことがちゃんと伝わっていない…」と
相手の返答を聞いて思ったので、少しムキになって
もう一度噛み砕いて言ってみた。

すると相手も少しムキになって、僕の言わんとしたことの
間違いを指摘した。

…そうか、なるほど。
僕の言わんとしたことは知識の点で間違いであることがわかった。

でもなぁ、言わんとしたことはそこではないのだけどなぁ…。

噛み合わない会話でギクシャクしたまま、その場を後にした今朝。

後味の悪い気分を引きずったままお昼を迎え、そのせいなのか
夏バテなのか、食欲もあまりわかない。

ベローチェのジャムサンドとブレンドコーヒーで
本日のお昼は終了。

午後が思いやられる。

…曇天たまに小雨の憂鬱な本日。

個展の初日。


f0370223_05014120.jpg










[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-08-25 05:03

何も救えていない

夜更けのこと。
ジジジ…バタバタバタ!

蝉だなこれは。
ガラス窓と網戸の間にでも引っかかったのかな。

はたして音のする方に行くと、蝉は軒下の蜘蛛の巣に
絡まっているのだった。

蝉は、糸に絡まった羽根と胴体をめちゃくちゃ震わせることで、
近づこうとする蜘蛛を必死に追い払っていた。

僕は表に出ると蝉をむんずと掴んで、
蜘蛛の巣から解き放してやった。
けれど蝉は地面をバタバタと動き回るだけ。
糸のくっついた蝉の羽根は、もはや宙を
飛べなくなっていた。
あれでは、ほどなく命尽きてしまうだろう。

一方、蜘蛛の巣に目をやれば、僕にこわされた箇所を
巣の主がせっせと繕っているのだった。

はて…、
僕がやったことはいったい何だったのか。
かけた憐みは誰のためになったのだろうか。


f0370223_12382110.jpg













[PR]
# by bakery-sunafukin | 2016-08-16 12:39